武藤ペットクリニックblog

2013年12月26日 木曜日

ペットが耳をかいているときは外耳炎の可能性も

トイプードルやキャバリアなど、垂れ耳の犬種は人気が高いです。
垂れ耳の犬種に多い病気に、外耳炎があります。
原因は、寄生虫やアレルギー性などさまざまです。

炎症が起きるとかゆみの症状が出ることがあり、かきむしって皮膚炎を悪化させてしまうケースもあります。
ばい菌が耳の中に入ってしまうと、中耳炎や内耳炎に進行してしまうこともあります。

耳垢が増える場合もありますが、耳そうじだけでは病気を治すことはできません。
悪化させてしまう前に、病院を受診しましょう。

枚方市にある当院では、治療の他に、耳そうじや爪切りなど日常のケアの指導も行っています。
また、トリミングや耳そうじなどの定期措置も行っていますので、気軽にご相談ください。

投稿者 武藤ペットクリニック

アクセス






大きな地図で見る〒573-1152
大阪府枚方市招提中町1丁目
7−13

お問い合わせ 詳しくはこちら