去勢・避妊手術について

去勢・避妊手術について

日帰りの避妊・去勢手術を行っております

日帰りの避妊・去勢手術を行っております

基本的にワンちゃん、ネコちゃんの術後の回復状況を見て、獣医師の判断のもとに日帰りできる避妊・去勢手術を行っております。

術前検査で異常が認められた場合、まずはその異常の治療を優先しますので、手術は原則として延期となります。
もちろん、大切なワンちゃん、ネコちゃんですから、しばらく入院して診てもらわなければ心配だという飼い主さまもいらっしゃいますので、ご希望の場合は入院も可能です。

女の子の不妊手術を避妊手術、男の子の場合を去勢手術といいますが、最近では、多くの飼い主さまがワンちゃんやネコちゃんの不妊手術をされるようになってきました
こうした手術を行う理由として、まずは「繁殖制限」がありますが、それ以外にもメリットはたくさんあります。
たとえば、生殖器にまつわる疾患の予防内分泌疾患の治療遺伝疾患の淘汰のほか、発情期にともなう問題行動の改善にも役立つといわれているのです。

代表的な生殖器疾患

女の子の場合

・卵巣疾患
卵巣のう種・腫瘍・がん
・子宮疾患
子宮炎・子宮蓄膿症・腫瘍・がん
・乳腺疾患
想像妊娠・腫瘍・がん
・膣疾患
膣脱・ポリープ・腫瘍

男の子の場合

・前立腺疾患
前立腺肥大・腫瘍
精巣疾患
精巣腫瘍・精巣捻転
・その他
会陰ヘルニア・肛門周囲線種

具体的には、全身麻酔をかけ、男の子であれば睾丸を、女の子であれば卵巣を取りのぞきます。
女の子の場合は、子宮は残して卵巣摘出術を行います。
まれに子宮疾患が発生するリスクはありますが、子宮摘出に比べてさまざまなリスクを軽減できる効果があります。
また、術後に膣位置を正常に保つことができますので、尿失禁の発生率が下がるなどのメリットもあります。

ワンちゃんもネコちゃんも高齢になると乳腺腫瘍発生リスクが急増しますので、手術の開始時期としては、繁殖計画がなければなるべく早期に行うのがよいでしょう。
当院では生後6カ月以降を推奨しております。

マイクロチップの挿入も可能です

マイクロチップの挿入も可能です

手術の際にマイクロチップを埋め込む手術をすることができます。
マイクロチップは数ミリほどのもので、それぞれ世界でただ1つの固有番号が割り振られています。
またチップ内には動物自身の情報やご家族、かかりつけの動物病院などの情報を登録できますので、もし迷子になるなどしても、検疫所などで番号を読み取ることで「どこの子か」を確実に証明することができます。

もちろん、去勢・避妊手術のときでなくても挿入手術は可能です。
ご不明な点はお問い合わせください。

アクセス






大きな地図で見る〒573-1152
大阪府枚方市招提中町1丁目
7−13

お問い合わせ 詳しくはこちら